[ダイエット方法] ブログ村キーワード
土日休日にはときどきこんなものも食べてます。
平日の夜も、カロリーや栄養バランスは気にしません。

だから、体重も行ったり来たりしていますが
コンビニダイエットのおかげで減少傾向です。

ただ、この6週間の経験や
ダイエットについて調べたことから
減量しても、必ずしも体脂肪は減らない
ということがわかってきました。

体脂肪を減らしたくてダイエットをする場合
◯ 運動嫌いな人、運動する時間が取れない人と
◯ 運動好きな人、運動する時間が取れる人とは
成功する方法が明確に異なるようです。


運動なしでダイエットに成功するには

うちのOMRONで計った結果、僕のダイエットは
体重:73kg→70.5kg
体脂肪:16.43kg→16.85kg
という結果になっています。

体重計に乗るのは
夕食後、入浴直後のタイミングですが
厳密に管理された計測ではないし
OMRONも汎用品ですから、数字は参考程度でしょう。

だから、誰でもそうなると断言はできませんが
運動をしないと減量できても体脂肪はおちない
傾向があるのだろうと思います。

僕の場合、体重は2.5kg減って
体脂肪は約400g増えました。
体脂肪以外が差し引き約3kg減ったことになります。

こうなるのは、減量のためにアンダーカロリーにすると
糖新生のために分解される筋肉量が増える
◯ エネルギーを使う筋肉合成が抑制される
ことが、カラダの中で起こっているからのようです。

アンダーカロリーにしないときと比較して
分解される筋肉が増えて、合成される筋肉が減るという
2方向からの要因で筋肉量が減少します。

この筋肉の減少などで調達したエネルギー量が
ダイエットで減らしたエネルギー量を上回った結果
アンダーカロリーにしたはずなのに
僕の体脂肪は増えたのでしょう。

ということは、体脂肪を減らすのには
ダイエットとは別に何か手を打つ必要があります。

そこで思い出したのが
先日調べた「葛の花イソフラボン」のサプリ
シボヘールです。

コチラの記事

葛の花イソフラボン

機能性表示食品のサプリメントですね。

お腹の脂肪を減らす!機能性表示食品「シボヘール」>>詳しくはこちら
臨床試験のデータが体脂肪減少の根拠になってます。

前の記事でこれを紹介したときは
減量がうまくいかないときに使ってみるかなぁ
と思っていましたが

運動しないと体脂肪が減らないのがカラダの仕組みなら
試してみないといけないような気がしてきました。

そもそも機能性表示食品の意味がわからなかったので
コチラの記事で調べたことを書いてみました。

機能性表示食品

このときに葛の花イソフラボンのサプリは
全部見てみたのですが
機能性表示の根拠になった論文と
機能性関与成分の製造元は同じでした。

どのサプリも1日分の摂取量は
35mgか42mgのどちらかになっていました。

摂取量が同じなら
どのサプリも期待できる効果は同じ
と考えた方がいいように思います。

で、一番コストパフォーマンスのいいのが
35mgの「シボヘール」でした。

他のサプリをいくつか紹介すると



【葛の花減脂粒】




機能性表示食品のサプリ お腹の脂肪に葛の花イソフラボンスリム



slimfor(スリムフォー)

どれも1日分の含有量が35mgのものです。
通常価格の安い順に並べてみましたが
どれも「シボヘール」よりは高くなります。

そういう理由で、お試しするなら
「シボヘール」が一番だと思います。

「シボヘール」>>詳しくはこちら
初回お試しは980円(税込)で送料無料です。

さて、運動ができる人がダイエットするなら
運動できない人とは別のやり方がいいと思います。

どんな方法がいいかについては
次の記事で書いてみたいと思います。