[ダイエット 糖質オフ] ブログ村キーワード
糖質制限ダイエットの恐ろしい「落とし穴」
というタイトルの記事が
東洋経済ONLINEに掲載されていました。

ちょっと怖いタイトルですが
内容はもっともなお話でした。


高雄病院理事長の江部康二さんは
糖質制限ダイエットを日本に紹介した医師です。

いまや「糖質ゼロ」「糖質オフ」は
当たり前に使われる言葉になっていますが
糖質制限が危険という誤った認識もあるようです。

江部先生は間違った糖質制限の拡散を危惧しています。

糖質制限ダイエットで
◯ 頭がふらふらになる
◯ 痩せすぎてしまう
◯ 低血糖になる
ということが起こる場合は

間違った「糖質制限」をしている
と江部先生は言います。

本来の糖質制限ダイエットは
糖質摂取を減らすことで減少する摂取カロリーは
タンパク質、脂質を摂って補うものです。

しかし、多くの人が糖質制限ダイエットは
糖質を摂らないようにだけするもの、と思って
ふだんの食事から主食だけ抜くようなことをします。

日本人の平均的な食生活では
カロリーの60%は炭水化物=糖質からきているので
主食を抜くだけだといきなりカロリー摂取が半減
みたいな極端なカロリー制限になってしまいます。

こんなことを頑張って続けていては
わざわざ栄養失調になるようなもの。
頭がふらふらしたり、痩せすぎや低血糖になるのも
当然といえば当然です。

正しく糖質制限ダイエットを実践するには
ふだんの食事で主食を減らして
主菜、副菜を多く摂るようにします。

江部先生は正しい糖質制限の知識を広めたい
という思いで、新しい本を書かれたそうです。

と、ここまできて
新刊のプロモーションだったのか。。。

とは思いました。
新刊は版元が東洋経済新報社ですしwww

とはいえ、糖質制限ダイエットについて知りたければ
大元の情報源が江部先生ですから
これはいいと思います。

糖質制限ダイエットの中でも
ごくわずかしか糖質を摂らないようなやり方や
完全に糖質摂取を断つ方法をとると
カラダのエネルギー源が糖質のグルコースから
脂質由来のケトン体にシフトします。

こういうかなり厳しい糖質制限ダイエットは
ケトン体ダイエットとかケトジェニックダイエット
とも呼ばれています。

プロサッカーの長友佑都選手がやっているのも
ケトジェニックダイエットの一種ですね。

長友選手はこれをはじめてから
試合終盤になっても体力が落ちなくなったそうです。


僕はごはん(白米)がない生活は考えられませんが
それが平気な方は
ケトン体ダイエットはいい選択肢です。

これも、そのタイプのダイエットです・


【荒木式】断糖肉食ダイエット